女性

必要な栄養素取り入れてコレステロール値も改善|健康に役立てる食品

ガンを予防する海藻の成分

笑顔のシニア

腸内から免疫力を高める

モズクやワカメなどの海藻に多く含まれるフコイダンは、血圧を下げたりコレステロールの吸収を抑えたりする効果で知られていますが、ガンの予防や治療にも効果的という説が提唱されています。フコイダンは水溶性食物繊維の一種で、腸の働きを整える作用があります。人間の腸内には多数の免疫細胞があって、ガン細胞や病原菌を撃退するのに大きな役割を果たしています。フコイダンは腸内環境を改善して免疫力を高め、ガンに対する抵抗力をつける効果があると考えられています。抗ガン剤はガン細胞だけでなく、健康な細胞まで破壊してしまうため、副作用を避けることができません。フコイダンは食物やサプリから摂取できて、副作用がないというメリットがあります。

アポトーシスを誘発

フコイダンの効果はそれだけではありません。まだ完全に解明されたわけではありませんが、フコイダンにはガン細胞のアポトーシスを誘発する作用があると言われています。細胞が自発的に死ぬことをアポトーシスと呼んでいます。ガン細胞にフコイダンを与えると、勝手にガンが消失してくれるとしたら、これほど効果的な治療法はありません。またガン細胞が増殖するには、新しい血管を作って栄養分を大量に取り込む必要があります。フコイダンは、この血管を作らせない作用があるとされています。そのためガン細胞は栄養不足となり、増殖できなくなります。このように色々な側面からガンを抑制する効果が期待され、フコイダンは代替療法のひとつとして人気を集めています。